ページビューの合計

2018年6月14日木曜日

2018年6月8日 深緑と眺望の山 大日ヶ岳

今回は梅雨のシーズンではありましたが運良く、晴れ間を利用して標高1,709メートルの古くから信仰の山として親しまれている大日ヶ岳に登りました。登山口はダイナランドスキー場からの直登最短ルートを辿ることにしました。さすがに最初はゲレンデからの登りのため身体が慣れるまできつい登山開始になりましたがマーガレットの花に癒やされながら快調にスキー場最上部に到達して展望を楽しみながら早目の昼食タイムを取らせていただきました。昼食後はガマズミのトンネルを越え木陰が涼しいブナの原生林を抜け、怪しい銀鱗草を見たり変化のある登山を楽しみました。数回の急な坂道を越え、ナナカマドの白い花の下を通り抜けたり深い山の雰囲気を味わう登山でした。頂上が見える頃には珍しいユキグニミツバツツジの鮮やかなピンクの花に驚き初夏の花サンカヨウ、アカモノやゴゼンタチバナなどにも出会うことが出来ました。コースタイム通りの2時間半で頂上に到着し梅雨とは思えないほど爽やかな至極の夢のような時間を頂上でお過ごしいただきました。大日如来像が祀られる山頂付近からは、白山主峰や別山、遠く乗鞍岳、御嶽山などの名だたる山々を望むことができました。頂上にて記念写真を撮らせていただき、コバイケイソウに見送られ乗鞍岳を左に望みながらの下山となりました。 五感で感じる大自然の営みや楽しい皆さんとの笑い声の弾むふれあいなど、歩けるからこその幸せに感謝の気持ちで下山させていただきました。今回も皆様のご協力のお蔭で無事全員で帰路に就くことができました。いつもながら心より御礼を申し上げます。

ゲレンデから登山開始
少し登るとひるがの高原が見えてくる
可愛いマーガレットの登山道
眺望の良いところで早めの昼食タイム
タニウツギと青空
ガマズミのトンネル
大きなブナが出てきました
ブナ林の登山道
ナナカマドのトンネル
銀鱗草
美しいブナの小道
何回かの直登を乗り越える
ユキグニミツバツツジ
エンレイソウ
本日最も危険な場所
前大日ヶ岳
咲き始めたゴゼンタチバナ
アカモノも咲いていました
青空に吸い込まれる登山道
ようやく大日ヶ岳頂上
頂上の大日ヶ岳とバックは白山
ドカーンと白山が迫ってきます
頂上を楽しんだ後は御嶽山を見ながら下山
前大日の向こうに御嶽山
ワイドな景観
前大日の頭に御嶽山、左に乗鞍岳
ナナカマドのトンネル
ユキグニミツバツツジ
深緑を楽しみながらゆったり下山
ブナ林の小道
御嶽山が前方に大きく聳える
乗鞍も眺望できました
ガマズミのトンネル
下山時の休憩
マーガレットの中を下る
迎えのバスが待つ登山口

0 件のコメント:

コメントを投稿